すこやかこどもクリニック浮間

すこやかこどもクリニック浮間

MENU

すこやかこどもコラム

よくある質問

Q:なぜクリニックの人はマスクをしているのですか?

Q:
マスクが感染を広げないためのものなら、
なぜクリニックの人はマスクをしているのですか?

A:
病原体に直接曝露される機会が多いためです。

以前のコラムで、
「マスク着用は感染症をうつされないようにするものではなく、
感染症をうつさないようにするためのもの」
と書きました。
では、クリニックのスタッフがマスクを着用しているのは、
そのスタッフが病気にかかっており、
それを来院された方にうつさないようにしているためでしょうか。

いえ、そうではありません。
クリニックや病院といった医療機関は、
普通に生活を送る環境に比べて、
病原体に直接さらされる頻度がとても高い環境なのです。

医療機関は

  • いらっしゃるのはほとんどが病気の方で
  • 特に小児科クリニックでは、
    病気のほとんどが感染症、つまりうつる病気であり
  • さらに、その方々と至近距離で接し、
    咳やくしゃみなどの気道分泌物をはじめとした、
    感染性のある体液に直接さらされる頻度がとても高い

のが特徴です。

そういった環境では、咳などによる飛沫が直接鼻や口に入ることを防ぐために、
マスクの着用が勧められています。

このような理由から、
今回のように新型コロナウイルス感染が
問題になっているときだけでなく
インフルエンザの流行期には
クリニックスタッフはマスクを着用しています。

マスクをつけるとお子さんたちの恐怖心を
さらにかきたてることにつながるため、
本来であればマスクはしたくないのですが、
限りある医療資源を守るため、
このような対応をしております。